in Varanasi

The Sun Also Rises 10(Final episode)

マニカルニカーガート(火葬場)を後にして、再びボートに乗り込みました。

P1010890

陽は昇り、辺りは随分明るくなり、沢山のボートが行き来しています。ボートの土産物売りも登場、押し売り状態になるかと思いましたが、思ったよりもあっさりとしています。

(ヴァラナシの物売りは大人しいと感じた私は、既に達人の域に達しようとしているのかもしれません。)

ボートはダシャーシュワメード・ガート横のボート乗り場へ戻りました。

ボートを降りると、もう十分との顔をしてリクシャーへ戻ろうとする先輩を止めて、30分だけ時間をくれませんか?チョッと歩きましょうと、一番人気の沐浴場のダシャーシュワメード・ガートを通り過ぎ、ターゲットにしたラジャスタンのマハラジャが所有?するというガートへ足を運びました。

P1010911

ボートで見る沐浴のイメージとは違い、生活感に混じり、人々のGangaへの信仰の想いが伝わってきます。

Not butterfly stroke but ・・・・

(私は、初めて印度へ出張するとき、VBのmoppiさんから薦められた「インドでわしも考えた(椎名誠 著者)」をこの地、印度で読んだ時から、Gangaへの興味は更に深まりました。)

正直、綺麗な河ではありませんでした。
夜のPujという祈りの儀式、日の出、ボートから見る沐浴風景、そして、生と死、Ganga(ガンジス河)に祈りを捧げる人達の想い。

ガンジスに触れたいと言う思いは誰も同じでしょう。
ただ、汚いだけなら(本当に汚いんでしょうけど)と思うなら、観光客でさえ近寄らないでしょう。

服を脱ぎ、先輩に荷物を預け、Ghatの階段を下り、Gangaと正面に映る太陽に手を合わせ黙祷します。

ガンジスへは、恐る恐る、触れましたが、沐浴する人達のの自然体な姿に溶け込む様に身を任せてみました。

P1010904

しばらくすると、私のそばで泳いでいたインド人の青年が「Hello!」と声を掛けてくれ、私は、一緒に泳ぎました。

・・・but crawl stroke swimming.

私にとって、Gangaの一日は幻想的に映り、ゴダイゴの「ガンダーラ」の歌詞そのものでした。

P1010913

・・・巡礼を終えた、アヒル達と共に帰路へ着く(Final)。

今日、会社で地鎮祭がありました。

Gangaの聖水を器に入れ、儀式が始まりました。

印度人スタッフが私に言いました。

「Gangaは汚い。だけど、Gangaの水は腐らない。飲んでも大丈夫。」

あれから、2週間が過ぎましたが、全くもって異常なし。今回の出張では、印度の洗礼(腹痛)にも遭わず。会社での食事、印度人食も問題無し。どうやら、私の体は印度人になった様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

The Sun Also Rises 9(in Varanasi)

P1020016

お~い、ロバさ~ん。印度ののどかな風景。良いな~。

では、The Sun Also Rises 9(in Varanasi)

Manikamika Ghat(マニカルニカーガート)、シヴァ神が落とした宝石の耳飾りのことらしい・・・ここは火葬場。

印度にいると墓に出会うことが無い。10億人もいて、墓に出会わないのは不思議であったが、ヒンドゥー教徒は墓を持たないといいます。全てGangaでは無いと思いますが・・・今度印度人に確認してみます。

この火葬場については、詳しく語る必要もないであろうと思います。興味のある方は、ガイドブックを参照してくださいね。何故かは知りませんが、必要以上に詳しく書いてあります。

ボートから降りると、いかにも怪しげな男が近寄ってきます。この火葬場を管理していると男は言っている様です。「案内は無料です。是非、私についてきて下さい。」信用ならぬ言葉でしたが、三途の川に一歩踏み入れた様なもの、閻魔大王に会わずして帰ったら、とんでもないことになると思い、心の中で、絶対無料だからなと思いながら着いていきました。

男は、親切丁寧に説明をしてくれますが、英語が苦手な私・・・そして目から入る情報に唖然となり、目を丸くするばかりで耳からの情報はいつの間にかシャットダウンされていました。しかし、一つ説明する度に言う「薪は1キロ、250ルピー。」だけは何故か良く聞こえました(笑)。

目の前の灰、たたずむむ男たち、瓶を投げ割る男(火葬の終わりを告げる)、見上げるほど積み上げられた薪の山、横たわる犬、産気づいたらしく火葬場の中を勢い良く走る牛、走る牛を見て助けを私たちに求めるおばちゃん達・・・「印度人も牛が怖いんだ。」と思う。

やがて、男は火葬場の塔の様なところを上がり始めました。うっ、何か怪しい気配・・・。

上がりきると、部屋があり、老婆が二人、一人は座り、一人は横になっていました。あっ~ここだ、訪れるのを待っている人達だ・・・。

男の英語での説明は続きます。英語が得意な先輩は、私に向かって、「じゃあ、座ってやって。」と私に言いました。私は、老婆の前に跪きました。老婆は、私の頭を両手で軽くたたき始めます。なにやらお祈りです。私はこの身を任せるしかなく目を瞑り、手を合わせました。

男の問いがあり、私の名前、両親、兄弟、妻、子供の名前を告げました。先輩も同じく老婆の前に跪きました。袋小路の様なこの部屋からは安易に逃げられないと思ったのでしょう。

男の話によるとこの老婆は、訪れる日が来るまで、毎日、私たち家族の名前を読み、私たちの幸せを祈ってくれると言っていた様です・・・覚えている訳が無い。だいたい、男が私たちの名前を繰り返すだけだったし、もちろん記録もしてないし。

怪しい儀式が終わると、いわゆるお布施を求めて来ました。老婆たちの薪代にするというのです。「薪は1キロ250ルピー」を男は強調しましたが、まあ、十分な説明だったしとのことで、一人50ルピーでその場から離れました。

・・・男に騙されたのかは全く解りません。しかし老婆の手から人として何か大切なものを受け取った様な気がしました。

次回、The Sun Also Rises 10(in Varanasi)はFinal episode「Not butterfly but ・・・」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

The Sun Also Rises 8(in Varanasi)

会社帰り、いつもとは違ったメンバーとタクシーへ乗り、この中の一人が泊まっている宿へより、Japanese 定食をレストランで注文しました。

待つこと、30分以上。

P1020010

出てきたのは豚の生姜焼き定食・・・

この他にビールとポテトサラダとスープがバラバラに出てきて306ルピーでした。

「飯」にたどり着けるだけで幸せ・・・印度では皆苦労しているんですよ。

食事を済ませ、この宿を出るところで、結婚祝い披露宴パーティで花嫁の姿を捉えました。

P1020013

この後、花火やら、鼓笛隊?やらで街は大騒ぎの様子が、2キロほど離れた私の宿泊先まで聞こえてきました。

さてさてThe Sun Also Rises 8(in Varanasi)です。

辺りはいつの間にか明るくなり始めたころ、ボートは上流から下流へと向かいました。

日の出が訪れようとしています。

P1010895

不浄の地と呼ばれる、河向うからの御来光です。

どんな宗教、人種にも関わらず、誰でも祈る瞬間だと思います。私は手を合わせ、幸せであることを祈りました。

P1010898

「The Sun Also Rises (陽はまた昇る)」と心に強く印象付けた日の出でした。

P1010878

日の出に向かいエネルギーを受けるサドゥー。

(その後ろにいるおっさんは、普通に立小便。きっと、Gangaへ流れる・・・。)

ボートはやがて、「カソバ」へ向かいます。

P1010894

ボート乗りから「カソバ」の写真はダメと忠告されます。

カソバ、それは火葬場のことです・・・。

私たちは、火葬場の船着場(マニカルニカーガート)へ着き、言われるがまま火葬場へ足を進めました。

この続きはまた。「えっ嫌ですか?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

The Sun Also Rises 7(in Varanasi)

お待たせしました。

The Sun Also Rises 7(in Varanasi)です。

日の出前Ghat(ガート)に着き、ボート探しを始めようとしたとき、やはりと思っていましたが、サイクルリクシャードライバーは、知り合いのボート漕ぎをつれてきました。

最初に吹っかけられたのは2人で600ルピー。全く高すぎるので話しになりません。無視して次のボート漕ぎと交渉。また、600ルピーという。交渉しても、全く応じずで、これもパス。迷っているうちに、辺りは少しづつ明るくなっていきます。

P1010860

もうこれ以上のところへ、最初に吹っかけてきたボート漕ぎがやってきました。結局、500ルピーで諦めて、さっさとボートに乗り込みました。

P1010889

「ダシャーシュワメード・ガート」は人気のGhat(沐浴場)なのでしょうか。色とりどりのサリーを着た多くの女性たちが目立ち、混雑しています。

祈りを捧げ沐浴する者、顔を洗っている者、石鹸で体を洗っている者、指でハミガキしている者、単純に泳いでいる者、あっ~バタフライ野郎!まで様々です。

P1010876

こんなところではとても、私の様な小心者は、混ぜていただく勇気はありません。

P1010880

「ダシャーシュワメード・ガート」からボートは離れ、上流へ進みます。「ダシャーシュワメード・ガート」の隣の隣の隣の隣に、ラジャスタンのマハラジャが所有?するガートを見つけました。人も少なそうだし・・・ここをターゲットに決め、上流へ進み、日本人が経営すると言う、「久美子の家(民宿)」を眺めながら進みました。

辺りはいつの間にか明るくなり、Gangaも遠くまで見える様になっていました。

P1010881

(近くは、色々浮いているし、綺麗じゃないし・・・。)

続きは、また。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

The Sun Also Rises 6(in Varanasi)

何故か今日も相談者が後を絶ちません。とうとう、駐在者からも相談を受けてしまいました。

「後光が射していますから。」と意味深な笑いを浮かべる人まで出てきました。Ganga効果?まさかでしょうね~(笑)。

さてさて、「The Sun Also Rises 6(in Varanasi)」を始めます。

眠りの中でもPujのトランス状態が続き、朝4時30分ごろ目覚めました。花火の音は無く、寝ていたときよりも遥かに静かでした。

いよいよ?Gangaへ出掛ける準備です。空腹では頭も働かないし、力も出ないと思い、カロリーメイトをほお張り、顔を洗い、ハミガキをして着替えました。。まだ迷っていましたが、「備えよ常に」が私のモットー。もちろん・・履きました。必要最小限なグッズをベッドの上に並べナイロンの手提げ袋に入れ、そして最後にバスタオルを放り込りこみました。

5時20分過ぎ、ホテルを出ました。辺りはまだ真っ暗です。日の出までにはまだまだの時間。サイクルリクシャードライバーと待ち合わせた場所へ出ると、昨夜の奴の姿はありません。。すると2、3人のリクシャードライバーが近寄ってきました。

昨夜のリクシャードライバーと約束したことを訴えましたが、奴は寝ていると言います。本当か嘘か全く解らず。私たちは待っていると訴えると、奴は来ないと何度も言いました。ガイドとしても優秀な奴だったのにと思いつつ、爺さん?が操るリクシャーへ乗りました。もちろん、昨日、奴と約束した70ルピーで(笑)。

昨夜とは打って変った静けさ、そして全く混んでいないのでスイスイ進むリクシャー。爺さんのGangaを自慢する声だけが、響き渡りました。

「このドブの水はGangaへ流れているんだ。わっはっははは~」「みんな、Gangaへ流れるんだ。わっはっははは~」・・・(汗)。

しばらく行くと、徐々に人が増え始める。前方に30人ぐらいの団体。タンバリンや鈴を鳴らし、「Ganga is Varanasi.Ganga~(多分ですけど)」と繰り返し繰り返し、声を上げながら進んでいきます。

爺さんが、「巡礼だ。こいつらもGangaへ行くんだ。」と説明してくれました。

P1010856_2

リクシャーは、シャーシュワメード・ガート(おかげ横丁?)に近づくにつれ、急に人が多くなりました。

P1010857

夜明け前のシャーシュワメード・ガートです。左上のピンクは、男性の皆さんが想像するピンク物では無く、小さな寺院?の様です。

シャーシュワメード・ガートを通りすぎ、横道を抜けGangaへ。

日の出前の青黒いGanga・・・。(心の中で青白であって欲しい・・・と呟きました。)

P1010858

Ghat(ガート)の下には既に団体観光客がボートを待っていました。巡礼のアヒルたちも?でしょうか・・・。

この続きはまた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

The Sun Also Rises 5(in Varanasi)

私は渦中の人。183日問題で、どうやら越せば駐在扱い、以内なら出張扱いとの結論が親サイドで出た様です。

年度内の日程が印度サイドで再調整され、残り11日を残し釈放となるアウトラインが描かれました。但し、私は子の社員、親孝行している以上何があるか解りません。

何故なら、今までの日程は、全て親の言うとおりに動いていただけだったからです。

さて、「The Sun Also Rises 5(in Varanasi)」です。

Puj(礼拝)は、強く脳裏に焼き付けられました。

帰り、待たせていたリクシャードライバーと合流、ホテルへ向かいました。途中、沢山の爆竹に見舞われホテル近くまで来たところで、食品店?により、ミネラルウォーター1Lを購入。リクシャードライバーは、何か買ってくれるのではないかとの期待の目で我々を見続けましたが、無視。しょぼくれた、リクシャードライバーが印象的でした。

ホテルへ着き、リクシャードライバーと明日の約束。5時30分にホテル前で待っていると言う。ついでに明日の値段交渉。今日の往復120ルピーから往復70ルピーで決着。何が基準なのか全くわからない、印度です。

ホテルは、Diwali(ヒンドゥー最大の祭)の装飾で派手なこと。そして外では、花火大会。

P1010846

P1010848

部屋へ戻ると、打ち上げ花火があちこちで繰り広げられていました。印度の打ち上げ花火は、許可も免許も必要無い様です。

P1010852

夜遅くまで続く、五月蝿すぎる花火の音が耳に着く中、いつの間にか眠りについていました。

P1010827

そして、眠りの中でもPujのトランス状態は続くのでした・・・。

続きはまた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

The Sun Also Rises 4(in Varanasi)

印度生活・・・終盤に向けてラストスパートが始まった今週、相談人数が急増。皆それぞれ、悩みがあるんだな~と思う今日でした。

では「The Sun Also Rises 4(in Varanasi)」です。

Puj(礼拝)の儀式までに時間がありそうだったので、Pujの祭壇横を潜り抜け、Gangaの目の前まで出てみました。

(Pujの照明に照らされたGangaは、濁っており、正直なところ臭っているし、こんなところで沐浴なんて・・・。)

P1010812

Gangaに祈りを捧げ、ロウソクの火がのる花をGangaへ浮かべる老婆。その向こうには、Pujを見ようと沢山の観光客がボートに乗っています。

P1010813

ボート屋に幾度か誘われましたが、Gangaに祈りを捧げる人々とPujの装飾に気を取られその場を離れずにしばらくいると、すぐ目の前(まん前)でPujの儀式が始まりました。

P1010816

ボートに乗らなくて良かった~。ここは特等席です。

P1010830

タブラ、シタールの音色に、頭上にぶら下がった銅鈴が響き渡ります。

P1010821

P1010822

Pujは、1時間は続いたと思います。

P1010826

いつの間にか、手を合わせ、そしていつの間にかトランス状態に落ちていました。

P1010838 

途中気付いたとき、後方にいた先輩も手を合わせる姿が見えました。

P1010837

同じアジア人。感じとる心は皆同じと思うのでした。

では、続きはまた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

The Sun Also Rises 3(in Varanasi)

先週末より、帰国交渉が始まりました。総勢14名のメンバーを予定より遅れることなく、出来れば早く、帰国できる様にサポートしなければなりません。一応、リーダーです・・・。

メンバー全員のヒヤリングを行い、進捗状況を確認、最短帰国日を模索し、交渉のテーブルに着きました。

結果は、全員勝利!(前回は一人居残りでゴメンね。)後は、一日でも早く仕事を完了させる様に激励をし続けなければなりません。なぜなら、印度故、日本人までもが印度人になってしまうからです。

私は、183日印度税金問題も有り、11月24日(土)に出国で日本への研修?が決定しました。

では、「The Sun Also Rises 3(in Varanasi)」です。

その明るい商店街、門前町?参道?言うなれば伊勢神宮の「おかげ横丁」は「ダシャーシュワメード・ロード」と呼ばれています。

P1010798

Diwali(ヒンドゥー最大の祭)の日でもあり、いつもより華やかに装飾されていると思います。

P1010802

通りを抜けると「ダシャーシュワメード・ガート」と呼ばれる、一番有名な「Ghat(ガート):沐浴場」にたどり着きました。ガートの階段には、物乞いが並び(物乞いは聖地ゆえか、意外と静かだったのが印象的でした。)、そこを沢山の人たちがGangaへ向かって歩いています。

Gangaは、暗い闇のベールに包まれながら、人が乗ったボートそして、灯篭流しのロウソクの火が浮かび、近寄ることが許されない様な、重たい雰囲気が漂っていました。

P1010805

一方河岸のガートでは、「Puj(プジャー):礼拝」が始まろうとして、沢山の人が待っていました。

そこに、怪しい日本語を話す印度人。

「あなたは、日本人か?」「Varanasiは初めてか?」「一人で来たか?」「私と話さないか?」「友達になろうよ。きっと良い友達になれるはずさ。」等々・・・一言も話さずにいると、「あ~話したくないのか、そうなのか、Pujを見たいんだね。まあ、解ったよ。Pujが終わったら、また来て、話をするからね。」

近寄ってきた途端に怪しさをとっさに感じたので目線を合わさず、一言も喋らずで逃げ切りました。

(注意事項)怪しさを感じたときは、言葉はともかく、目線を合わせてはいけません。合わせた途端に、餌食になってしまいます。慣れていない方は、まず目線をそらすようにしましょう。

続きはまた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

The Sun Also Rises 2(in Varanasi)

今日は、Diwali明けの出勤日。行き帰りの道は空き空き、会社の従業員の数も少なく、未だDiwaliボケが続く印度です。

では、「The Sun Also Rises 2(in Varanasi)」です。

空港を出てタクシーでホテルへ向かう。本来、ヴァラナシはゲストハウス(民宿)へ泊まるのが一般的なのですが、「汚い!」と言い張る先輩を尊重し、旧市街のホテルへ入りました。

P1010782

Ganga(ガンジス河)とは逆方向、旧市街を見下ろした風景。

市街は、どこにでもある印度の風景でしたが、ホテルから見るVaranasiは静かな印象を与えました。

P1010793

夕方、5時Gangaに向け、ホテルを出発しました。ホテル前で屯している、リクシャードライバー(自転車タクシー屋)を捕まえ、値段交渉。2人を乗せ、往復で200ルピーと言い張られるが、この日は往復120ルピーでGangaへ向かいました。片道は3キロ弱。

P1010790

リクシャードライバーは良い奴でした。ヒンドゥーなまり?の英語も解りやすく、喋り過ぎないガイドとしても優秀でした。写真に写る数々の水玉?は乾燥牛糞も散る「印度名物のホコリ」です!

段々と門前町の雰囲気が漂い始めると辺りは暗くなり、Bomb!Bomb!爆竹の嵐(印度人スタッフは日本語で爆弾と呼ぶほど危険!)。Diwaliに相応しい雰囲気が漂い始め、同時にリクシャーの交通渋滞が始まりました。

P1010792

カメラを向けると愛想を振りまく、可愛い子供達(娘と同じ年かな?)。

その後、門前町前でリクシャーを降り、門前町?を歩いて残り2~300m先のGangaへ向かいました。

P1010796

本当に、この先に聖なるGangaはあるのだろうかと思うぐらい、派手で、印度では珍しくやたらと照明が明るい商店街が続きました。Varanasiは、電力事情が他より更に悪いと聞くが大丈夫だろうか?この状態で停電になったら・・・。

続きはまた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

The Sun Also Rises 1(in Varanasi)

昨夜、Varanasiから無事、帰って参りました。

飛行機での旅でしたので、デリーには17時30分にはついていました。その後、、迎えに来てくれた仲間と食事、宿泊先に帰ったのは21時ごろだったのですが、走馬灯の様に駆け巡るGanga,Varanasi・・・その夜、床に入ったのは0時を廻ってからでした。

1泊2日の短い旅でしたが、私にとって胸に焼きつく、大きな旅でした。

私は、Ganga,Varanasiを「陽はまた昇る(The Sun Also Rises)」と印象付けました。

今日から、そんなGanga,Varanasiの旅を記録しておこうと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Varanasi行きを決めたのは、偶然にも誕生日の9月25日。チケットは翌日26日手配完了しましたが、希望のチケットは取れず、行きは1本遅く、帰りは1本早い便となってしまいました。この時はまだ、出発日がDiwali(ヒンドゥー最大の祭)であることは、先輩も私も知る余地はありませんでした。

チケット手配後、日に日に入るDiwaliの「噂」。そして、テロ注意喚起の報道と連絡。一時は中止を考えましたが、ビジネスで印度へ来たこと、そしてVaranasiへ行くチャンスがほとんどないことから、行くことに決めました。

DiwaliそしてVaranasi行き当日、混雑を予測して9:00に宿泊先を出発しました。ところが混雑は全く無く、肩透かし状態で早々に10:00にチェックイン。13:40分発の飛行機出発ロビーで待つことになりました。その後、遅れること1時間。印度タイムを十分に堪能しました。

P1010774

飛行機は「噂」のキングフィッシャーエアライン。アテンダントは全員女性で「赤い制服にタイトなミニスカート~@@」。乗客は、外国人のシニアな方々でさしずめ「極楽浄土見学ツアー」と言ったところでしょうか。

P1010777

フライトは1時間20分あまりですが、機内食も出ます。最近お気に入りのベジタブル食。3色弁当?豆腐の様なチーズがイケテます。

P1010780

まもなく、Varanasiです。「赤い制服にタイトなミニスカート~@@」で気を利かせてくれた先輩が通路側を力強くリクエストしてくれましたが、残念ながら二人とも窓側で涙しました。適当な印度人に騙されましたが、「Varanasi行きに欲は禁物」と教えてくれたかもしれません。

続きは、また。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧