in India

無題

Knowledge of the language opens many doors.
(言葉ができれば多くの機会が与えられる。)

少しでも、近づくことが出来る様、チョッと頑張ってみるか。
とりあえず、疲れが出そうなので、少し休んで・・・・。

印度日記は一応終わり、続きが有っても綴るかは解らずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

I hope to see you again.(また会えると良いですね。)

無事に出張を終えることが出来ると、印度生活54日、出勤日数45日となる。
大したことは出来なかったし、お役に立てたかも解らない。
今回の出張は目標のある仕事で、印度人スタッフと日本人スタッフがコミュニケーションが旨くとれずにギクシャクしながらも、期日通りに全てがゴールにたどり着けたことは、喜ばしいことだ。
今日、皆の前で挨拶することになる。
言葉は、大切だと痛感した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Highway(高速道路)

帰国も迫ってきたので今日も、書き残したことを綴ります。
タージマハールへの道のこと。
「今から、高速道路です。」と運転手が自慢げに言う。
比較的立派な料金所を抜け、高速道路へ。
「印度もすごいじゃん~。結構立派な、高速道路ね~。」皆が口々に言う。
2~3㎞は走っただろうか?路側に人があるき、そのうち、ラクダが荷物を運び、両脇に商店街が見えてくるし、人も横断している。
印度の高速道路ってなに?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Blackout!(停電)

帰国も迫ってきたので今日は、書き残したことを綴ります。
印度は停電がやたら多い。
初めは驚いて、持参の懐中電灯を付けたが、1週間もいると結構慣れてしまうものだ。
会社はメイン工場の自家発電の為、滅多なことはないけれど、それでも、何回か遭遇した。
ホテルでは、ショッチュウある。停電がチョット長引きそうになると、ディーゼル自家発電機が回り出す。私の部屋は1Fで発電機の近くなので、やたらと響くし、夜中にやられると、たまらない。
一番困るのは、シャワーを浴びている時、真っ暗になり、お湯が止まる。
ひたすら、待つしかない。はっきり言って、怖いです・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

souvenir hunter(お土産探しをする)

いよいよ、最後の日曜日。お土産探しに出発だ!
紅茶屋を皮切りに、普通の楽器屋(これは私のリクエストではない)、先週行った、外国人相手の土産が揃うビル、そしてショッピングモールへの予定で出発する。
紅茶屋へ着き、必要な数を揃える。その後、楽器屋経由で土産が揃うビルへ。
さすがに日中40度以上あると車内のエアコンも全く効き目がない。
土産が揃うビルで買い物を済ませたその時、突然の突風が吹き荒れ、雨嵐となる。
30分ほど、ビルの中で雨嵐がやむのを待ち、ビルの入り口で歓迎のレセプション?を楽しむ。・・・今日は、大人が持つ、太鼓を取り上げ、叩かせて頂きました(笑)。

Dscn1702

その後、タクシーに乗り込むと運転手が何やらブツブツ言っている。
エアコンのファンベルトが切れたのかエアコンが全く効かない・・・。
幸いにして、雨が降ったばかりで、窓全開にしてショッピングモールへ寄らずに帰ったのでした。
とにかく、タクシーは整備不良やガス欠寸前のタクシーばかり。
おまけに、道を知らない運転手が多すぎるのには、困ったものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

lunch of rice with a pickled plum(日の丸弁当)

毎週土曜日の会社の昼食は日本式お弁当の日だ。
毎週木曜日に注文をとり、土曜日、日本式お弁当専門店から、お弁当が届く。
カツ丼、天丼、ショウガ焼き弁当、コロッケ弁当、エビフライ弁当含む10種類ぐらいの中からチョイス出来る。
最近、昼食は印度食が合わないこともあり、ホテルから朝食のパンを持参している。
パンは美味しくないし、製造年月日も怪しい。
従って、毎週土曜日の昼食は嬉しい一時だ。
有りがたいと感じながら、一口一口噛みしめて食べる。
待ちに待った日の丸弁当!万歳!万歳!万歳!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Dave fly(フレンドリーなハエ)

印度はハエが沢山いる。このハエがやたらとフレンドリーに近寄ってくる。
払っても払っても近づいてくるハエ。
出張しなれた人の話では、水分を求め、近寄ってくるのだと言う。
確かに、そうかもしれない。
このフレンドリーなハエは、日本のハエとは違い、簡単に仕留めることが出来る。
なぜなら、印度の人たちは、宗教上?ハエを退治すらしな様で、ハエが日本のハエと違い鈍くさい。
バッシ!と事務所や車内で叩くと印度の人たちは皆、驚きの表情を見せるぐらいですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

What do you say to a beer?(ビールでも飲む?)

こうも暑いと、ホテルに帰って、シャワーを浴びて、まずは一杯!
日本ならこれで決まりだが、印度では、躊躇する。
ビールの中に入っている防腐剤が合わない人がいる様で腹を壊す・・・。
私も合わない。
消費量は、日本の1/20未満まで激減・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

be present at a ceremony(儀式に参列する)

今日、完成品の組立が始まった。インドで作った1号機が完成する。
これを祝って、印度的儀式が行われた。
1号機の横に、印度の技術?の神様の絵を飾り、お香を焚く。ここへ、印度的甘いお菓子とココナッツを奉納する。
儀式が始まった。代表者が、紅?を額に印され、右手に朱色のミサンガを巻く。
代表者数名が一人ずつ、神様にお祈りした後、ココナッツを床に叩き付けて割る。
叩き付け割った後、参加した全員から拍手が起こる。
儀式が終わり、甘い、砂糖とミルクの固まりらしい、お菓子を頂いた。
そこへ、印度人が寄ってきて、私の額にも紅を印し、右手にミサンガを巻いていった。
今日から、私は準印度人だ(笑)。

249

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Deadline(期日)

今日中に、完成品を出さなければならない。
印度人スタッフも、期日を理解し頑張ろうとの様子だ。
しかし、真面目ぶる印度人(印度の皆様、失礼)が災いし思うように仕事が捗らない。
他のチームは、午前中にはやり終えている。
イライラが募り、ついつい、やってしまおうかと手を出しそうになるが、我慢する。
(他のチームは、とっくの昔に、しびれを切らし、日本人スタッフが手を出していた。)
手をだしたらいかん・・・我慢、我慢、我慢。
他の日本人スタッフは、親睦会もあり皆、定時に帰る。
時間は過ぎ、とうとう18時になってしまったが、残りわずかが出来ない。
そこへ、印度人にとって大切なチャイの時間がやって来てしまったのだ。
印度人にチャイを飲ませ、しびれを切らした私は、加工を始めた。
18時23分、フィニッシュ!!!!!
親睦会をやろうと日本人スタッフが待つ、デリー市内超豪華ホテルにある日本食屋へ着いたのは、20時30分を回っていた。
白鶴720ml=1700ルピー=5,100円・・・高すぎます!!

231

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧